シニアとオープンカー

アクセスカウンタ

zoom RSS 毎年!

<<   作成日時 : 2018/07/03 05:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2009年ぐらいから毎年、SLK350の持病がこの時期に発症。オープンにしている場合、外気温が30℃以上になった時に起こります。どんな症状かと言いますと、バリアルーフを閉める時に右側の三角窓が上がる時にガラスとゴムの摩擦音がガガガーと音がします。大きな音ではないですが・・・。もう9年ぐらい続いてます。
画像


画像


画像










画像




バリアルーフを開いている状態で・・・。








画像

右側の後部・三角窓のゴム部品付近。
画像

外気温が30℃以上になると三角窓外側のゴム部品が膨張して起こるようです。
画像


恐らく内側のゴム部品と外側のゴム部品が膨張して、ガラスと擦れる音だと思います。
ヤナセに持って行って見てもらったのですが、このゴム部品を交換するのに手間とお金が掛かると・・・。
このままにしておいたらと言われる。
デーラーも交換をしたくないようだ。
確かに真夏以外は摩擦音がしません。
また、左側の三角窓では真夏でも音がしません。
画像


画像










画像


3年前から対策として、ガラスとゴム部品の擦れる部分にシリコングリスを塗って凌いでおりますが、一時的に音がしませんが何回か開閉を繰り返すと摩擦音が出ます。
いまは諦めて持病と付き合ってます。

夏の期間に2回ぐらいガラスと接触する部分に塗ります。
早朝、以外は乗らない事にしている。
画像



今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

もしよろしければブログランキングの応援クリックをよろしくお願いします。

それではまた。

にほんブログ村 車ブログ オープンカーへ
にほんブログ村
オープンカーブログランキングに参加。
1日1回、ブログを読んだ証にクリックをお願いします。



画像


画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
毎年! シニアとオープンカー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる