オイル漏れ!

SLKを一年点検に出したところオイル漏れが見つかりました。オイル関連・プラスチック部品の劣化が原因のようだ。     _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/…

続きを読むread more

キャップの劣化!

昨日、タイヤのエアキヤップ(他社製)とアルミホイルのキャップ(純正)の劣化を比較してみる。共に12年間も装着していますが、エアキヤップ(他社製)のスリーポイントマークが消えている。     _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/…

続きを読むread more

SLK350のステアリング位置の調整 !

昨日、ステアリング位置の調整を行う。ステアリングの位置を下げていた為に乗り降りが、窮屈であった。オイラの体重が80㎏に近い事も何らか影響しているようだ。     _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/…

続きを読むread more

アルミホイルのガリ傷!

ブログをご覧の皆様、いつもご覧いただき有難うございます。オイラも75歳と後期高齢者なりました。ブログを書くと疲れます。長い間、オープンカーの話題を追っかけてブログを作成しておりましたが、今回の投稿からは「メルセデスslk350・徒然」をメインテーマに写真、動画入りで短編を書く事にしました。今後もブログをご覧いただきますようお願い申し上げ…

続きを読むread more

ロシヤ製コンバーチブル!

ロシアのデザイナーによるBMW製 V12エンジン搭載のオープンカー”Cardi Curara”が1998年のパリモーターショーに発表された。フロントのデザインはブガツティ ベエロンに似てますが・・・。こんなオープンカーがあったんですね。 個性的なデザインですね。 リアのデザインは昔のオープンカーを彷彿させますね。 …

続きを読むread more

素敵なロードスター!

アウディ・TTロードスターが1998年~2006年(先代)まで発売された。日本に最初に導入されたモデルは全て左ハンドル・6MTであった。当初の色はシルバー・ブラック・ブルーメタリックの3色との事。 先代SLKと同様に多くの女性ユーザーに支持されたようだ。 1998年に初登場した目立つルックスとカッコいいスタイリン…

続きを読むread more

レーシングカー!

アストンマーティンDBR1(レーシングカー)は、カーレーサー スターリング・モス(往年のカーレーサーでかなりの年配者・・・お爺さん)が1950年代のクラシックカーレースに出て事故を起こす。何とこのクルマの評価額が36億円だとか。凄いですね。 流体力学から導かれるボディデザインとロングノーズが美しいですね。 D…

続きを読むread more

本革シートの補修!

2月17日にSLKに乗りましたが、運転席シート(右側部分に30cmぐらい)の擦り傷(白く見える)が目立ってきた。15年も乗っていますので、乗降で出来たと思います。何年か前にも擦り傷を補修した覚えがあります。 この白枠の部分(縫い目等)が白く擦り傷になっている。 気になるので補修をする事になりました ブラック…

続きを読むread more

大人のラグジュアリー!

ジェンセン・インターセプタ-コンバーチブルはジェンセン・モーターズ(イギリス)1975年に発売した高級GTコンバーチブルです。上質な本革使用の内装は豪華だ。走る応接間みたいです。 イタリアのカロッツェリア・トゥーリングがデザインしたとの事。 コンバーチブルは開閉式ソフトトップとの事。 ウッドステ…

続きを読むread more

道の駅 パトロール(笑)!

昨日、今年初めての道の駅パトロールに行って参りました。お天気は快晴でなかったですが、オープンエアーを楽しむ。昨年、前立腺ガンの手術(ダビンチ)をしてから半年が過ぎました。まだ後遺症の失禁が少しあります。3月からオープンカークラブにも参加したいと思っております。 8時30分に我が家を出発! 吉野川を渡り、国道192…

続きを読むread more

ドリームカー!

ジュネーブモーターショー2017で1500馬力のPHVスーパーカー ケーニグセグ レゲーラ(タルガタイプ)が発表されました。凄いですね。 精悍なフロントマスクですね。 エンジンとモーターを合わせたシステム全体で、最大出力1500hp、最大トルク204kgmを獲得。0‐400km/hはなんと20秒以下、150‐…

続きを読むread more

凄いね!

ジュネーブモーターショー2017で1500馬力のPHVスーパーカー ケーニグセグ レゲーラ(タルガタイプ)が発表されました。凄いですね。 エンジンとモーターを合わせたシステム全体で、最大出力1500hp、最大トルク204kgmを獲得。0‐400km/hはなんと20秒以下、150‐250km/h加速は約3.2秒と・・…

続きを読むread more

紳士のロードスター!

イギリスのTVRが発売していたタモーラも素晴らしいオープンカーです。このクルマは英国のライトウエアスポーツカー中でも代表的ものではないでしょうか・・・。 伝統的な英国車の流儀と精神を貫き続けるTVRの傑作車です。 2002年4月に発売された。 デザインは今見ても古さを感じさせないですね。 派手なデ…

続きを読むread more

名車!

オープンカーを語る場合に外せないクルマがありますね。イギリスのMGです。主要車種の一つにMGAがあり、1955年に発売されました。当時、ライトウェイトスポーツカーとして絶大な人気を誇った。イギリス国内向け販売だけでなく、アメリカに多数輸出されたようだ。 いかにもライトウェイトスポーツカーに相応しい。 流れるようなデ…

続きを読むread more

スーパーカー!

アルファロメオ・スパイダーの新型と思ったのですが違いました。アルファロメオ ディスコヴォランテスパイダーは8Cスパイダーのシャシーをベースに制作されたとの事。 ジュネーブ・モーターショー 2016で発表され、7台のみが生産された希少車です。 記念車と言う事なんでしょうか。 性能について発表されていません…

続きを読むread more

ポルシェカスタム!

ポルシェ911を改造したW3 Tripostoが1998年発表された。運転席はクルマのセンターにあり、両側に助手席があります。三人が乗れるようになっている。 デザインは独創的で流れるようなデザイン、ドアも真ん中が空洞でガルウイング型になっている。車体にはファイバーグラス、炭素繊維が使用されており軽量化が図られているよう…

続きを読むread more

痛車!

イタリア・アルファロメオ社が1966年から製造している2ドア・オープンカー「アルファロメオ スパイダー」は、一世を風靡した名車です。アルファーロメオは今も魅力的なクルマを作り続けている。12 年以上前にオープンカークラブで拝見しました。 シリーズ1から始まり1993年にシリーズ4をもって、27年間続いた初代モデルは生産…

続きを読むread more

BMW・スーパーカー!

BMW・Z8はカー雑誌では見た事はありますが、実車を見た事がありません。2000年から2003年まで販売していたオープンカーです。一代限りで終わったようだ。 左ハンドル仕様のみ。 オール・アルミニウム製のシャーシとボディは当時としては最先端を行っていた。 日本での価格は1,660万円。スーパーカーですね。 …

続きを読むread more

斬新なオープンカー!

BMWのオープンカーZシリーズ(Z1、Z3、Z4)がありました。初代Z1はBMWが1989年3月から1991年6月まで販売される。このクルマは斬新な設計になっており、通常のドアのような開け方でなく下方のドアシル(ドアの下部、前輪と後輪の間にある梁)内に収納されるドアを持っていた。10 年前に実車を拝見し、運転席に座った記憶があります。 …

続きを読むread more

六輪車!

Hydra Schmidt Coupeは、2011年の長編映画Captain America:The First Avengerの為に造られたオープンカーです。往年の名車・メルセデス540 LとメルセデスG4を参考にしてデザインされたとの事。 詳細なスペックは分かりません。 エンジン・・・…

続きを読むread more

古くて新しい車!

初代フォルクスワーゲン・ビートルのレストアを手がけていたドイツのメミンガー社が、メミンガー・ロードスター 2.7を発表しました。メミンガー・ロードスターは、初代ビートルのホイールベースをストレッチしてミッドシップ化した車です。非常に秀逸なデザインが施されているだけでなく、性能的にも優れています。今回は古くて新しい車、メミンガー・ロードス…

続きを読むread more

ロマン!

光岡・ヒミコは憧れます。3代目ロードスターをベースに前後を1930年代のクラシックカー風のデザインへと変更されている。3代目ロードスターの完成車をボディの内外装を分解し、1台1台職人の手作業によりカスタマイズされている。 オープンカーを所有されているのは男性が多いようですが、 ヒミコは女性をターゲットにしているようだ…

続きを読むread more

和製 セブン!

光岡自動車で気になる車があります。それはゼロワン!1994年に自動車メーカーとて認可され、生産車第2号として発売された。スタイリングはロータス・スーパーセブンを連想させる。12 年前に大阪で拝見した事があります。 ロングノーズ&ショートデッキのフルオープン2シーター、 ボディサイズはロータス・スーパーセブンよりも大型…

続きを読むread more

懐かしい!

懐かしいです。2002年頃までは、オペル・スピードスターを購入したいと思っておりました。しかし2002 年10月頃、カー雑誌にslk350のイラスト画像が掲載されていたのを見て思いとどまる。オペル・スピードスターは2003年1月から発売されました。 当時、このクルマに憧れておりました。 デザインが気に入り、動…

続きを読むread more

憧れのオープンカー!

クルマの歴史はオープンカーから始まったとの事ですが、オイラの知らないオープンカーが凄くありますね。イギリスには数々の名車がありました。今回、紹介するのは最もオイラが好きなオープンカーです。 パンサーカリスタです。 パンサーはイギリスの自動車メーカーです。 1972年の創業で後年、経営破産する。その後、1989年に韓…

続きを読むread more

流石、スバルですね!

2003年の東京モーターショーにて初公開された富士重工業のコンセプトカー・スバル・B9スクンブラーです。アルファロメオから移籍したデザイナーの手で作られたようで、スバルがこんなオープンカーを作るなんて驚きですね。 詳細なスペックは分かりません。 【スペック】 エンジン・・・2リッター水平対向4気筒SOHC16バルブ+駆…

続きを読むread more