BMW Z1 !

BMWZ1は1989年3月から1991年6月まで製造されたロードスターです。Z1は通常のドアのように外側やガルウィングドアのように上方に開く代わりに下方のドアシル(ドアの下部、前輪と後輪の間にある梁)内に収納されるドアを持っていた。わずか8,000台しか製造されなかったようです。 車体全体は空力を考慮して設計されいるようだ。 ボ…
コメント:0

続きを読むread more

アラードJ2x   !

1952年に登場したアラーJ2Xは1954年まで製造された。公道を走行できるレーシングカーでしょうか・・・。こんなクルマが存在していたんですね。 流れるようなデザインで美しい車体です。 オープンカーですが、幌もなく見るからにレーシングタイプのスポーツカーだ。 =スペック= エンジン・・・4.4 LマーキュリーV8 …
コメント:0

続きを読むread more

ぶらっと大歩危峡、小歩危峡に行って参りました!

29日にぶらっと大歩危峡、小歩危峡に行って参りました。当日は曇りで気温10℃と聊か寒かったですね。午後から出掛けました。 撫養街道を阿波池田方面に向かう。 道の駅三野に到着。駐車場は空いておりました。人がおりません。 🚻休憩後、すぐに道の駅を出発。池田高校分校前を国道32号線に入り、井川大橋を渡る。 池田バイパス…
コメント:0

続きを読むread more

英国の誇り MG TDミゼット !

1951年~1953年まで販売されたMG TDは名車ですね。米国で大成功したMG TCの後継モデルとして1950年にMG TDがデビューしました。 TDはMGの名前を世界に広げる事になったモデルとの事。 ユーノスロードスターが登場するまでは、ライトウエートスポーツカー部門ではMGが世界一生産台数の多いオープンカーであった。 …
コメント:0

続きを読むread more

モリスマイナー1000コンバーチブル !

1965年に登場したモリスマイナー1000コンバーチブルは、かつて存在したイギリスの自動車メーカーのようだ。1913年に自動車生産を開始したモーリス自動車を起源とし、1984年までクルマを生産したが、他の自動車会社に買収される。 古き良き時代を彷彿とさせるクルマです。 =スペック= エンジン・・・1995cc DOHC…
コメント:0

続きを読むread more

BMW503 カブリオレ!

BMW・503カブリオレは1956年~1959年までの3年で139台が販売された。当時のライバルはメルセデス・ベンツ・300Sカブリオレであったとの事。 気品を感じるフロントデザイン! 北米向けの輸出もでるとして登場する。 4人乗りで豪華さと並外れてエレガントなデザインが好評であった。 =スペック= 販売期間・・…
コメント:0

続きを読むread more

ジャガー・XJ13 !

1966年にイギリスの名車、ジャガー・XJ13gaが登場しました。公道を走れるレーシングカーですね。 この時代に流体力学から生まれたボディデザインは今見ても美しいですね。 コンパネもレーシングカーのように機能重視のデザインです。 タルガ―トップのようですが、屋根は…
コメント:0

続きを読むread more

レパード・6リッター・ロードスター !

レパード・6リッター・ロードスターはポーランドのレパード・オートモービル社が製作したクラシックスタイル高級スポーツカーです。モーガンやパンサーなどの英国車と同じようにハンドメードで作られたオープンカーですね。本革張りの豪華な仕様になっている。 =スペック= エンジン・・・ LS-2オールアルミニウム製V8、排気量5,967cm、電子…
コメント:0

続きを読むread more

マセラティ・A6GCSスカリエッティ !

1950年代を代表する名車、マセラティ・A6GCSスカリエッティは、オープンカーではなくレーシングカーですね。生産台数が少なく、歴史的遺産である一台が日本に現存するようだ。凄いですね。     流麗なボディが美しい。古さを感じないデザインだ。 このクルマの登場で、多くのオープンカーやレーシングカーに影響を与えたのでは…
コメント:0

続きを読むread more

ダイハツ コンパーノ・スパイダー !

1964年に東京モーターショーで発表され、そのイタリアンスタイルで注目をあびたダイハツのコンパーノ・スパイダー。1965年の4月に発売した4人乗りで、幌の開閉は全作業30秒と簡単に操作できる。この当時、国産車中最も早いワンタッチシステムを採用していた。 =コンパーノ・スパイダー スペック= 乗車定員・・・4名 エンジン・・…
コメント:0

続きを読むread more

ランボルギーニミウラSVJスパイダー !

ミウラSVJスパイダーは幻のスパイダーですね。数台しか製作されなかったミウラSVJのタルガートップ版(スパイダー)です。スパイダーも特注で製作されたと思いますが、何台製作されたか分かりません。 オイラが30歳頃にスーパーカーショーでランボルギーニ ミウラを見た事があり、座席に座った記憶があります。今から46年前の話ですが・・・。大…
コメント:0

続きを読むread more

アルファロメオ・グランスポルト・クアトロルオーテ !

テレビ漫画「ルパン三世」に登場したクルマ「アルファロメオ・グランスポルト・クアトロルオーテ 」がありました。オイラはルパン三世を何度もテレビで見ました。面白かったですね。 1965年 - 1967年までにイタリアの自動車メーカーアルファロメオが生産した2ドア・オープンカーです。 内装もウッドパネルに本革シートでお洒落なク…
コメント:0

続きを読むread more

春の讃岐山脈をSLKが行く!

春の風に乗って夏子ダムから多和中山中山を右折して志度へ。讃岐山脈・山間部を多和から大窪寺方面へ向かう。山の中で静かに時間が流れている。今日は数多くのバイクやお遍路さんと遭遇しました。県道377号線五名トンネルを越え、県道2号線に入り川島方面に向かうコースです。 10時頃に我が家を出発。脇町市内を通過して拝原を左折、高松方面へ。 …
コメント:0

続きを読むread more

Plymouth Asimmetrica Concept

1961年にアメリカとイタリアの自動車メーカーの共同企画で試作されたが,市販されなかったコンセプトカーです。 Plymouth Asimmetrica Concept アメリカ市場で販売を企画したようですが、デカいクルマですね。 エンジン・・・2.8リッター直列6気筒エンジン 最高出力・・・101ps ★スペッ…
コメント:0

続きを読むread more

ジャガー・Cタイプ !

英国のジャガー・Cタイプは1951年~1953年まで発売されたスポーツカーです。僅か53台しか製造されなかった。 フロントを低くし、更にはテールを長くすることで空力特性を向上させている・ エンジン・・・3400㏄ 直列6気筒DOHCXK 最高出力・・・205ps 車両重量・・・939kg ★アルミ製のボディで軽量化…
コメント:0

続きを読むread more

ドンカーブート”D8 GTO!

2013年にオランダのドンカーブートが発売したD8 GTOは、武骨かつきわめて無駄を削ぎ落とした外見となっているスポーツカーです。 0-100km/hまで3秒と凄い加速性能です。 =スペック= ボディ・・・カーボンとスチールチューブを採用 エンジン・・・直列5気筒 2.5Lガソリンターボ「TFSI」 最高出力・…
コメント:0

続きを読むread more

フィアット 124 スパイダー (1981年モデル )

フィアット 124 スパイダー (1981年モデル )は、オープンカーのオフ会で拝見した事があります。1966年に発売されて1982年まで続いたオープンカーですが、数年前からマツダ製のフィアット 124 スパイダーが登場しており、痛車らしいお洒落なオープンカーですね。 =1981年モデルのスペック= エンジン・・・1995c…
コメント:0

続きを読むread more

トライアンフ・TR3

英国のトライアンフTR3Aは、写真で見た事がありますが実車を拝見した事がないですね。1952年にアメリカ市場でトライアンフ・TR1(プロトタイプ)が発表されました。このTR1の評判が良かったので、翌年にTR2が発売され、1957年にこのTR3が登場、丸目のヘッドライトが可愛いですね。 イギリス風の切れ込んだドアを持つクラシックな外…
コメント:0

続きを読むread more

羽根飾り付き麦わら帽子のリボンを交換!

夏用の羽根付き麦わら帽子(オープンカー用帽子)を改造しました。今までのリボンはサテン生地で光沢があり、カンカン帽みたいで上品でないですね(笑)。そこで綿100%の赤色布(端切れ)生地でリボンを作製する事にしました。 リボンを交換した後の麦わら帽子です。 交換前の赤色リボンです。 アマゾンで綿100% もめん 無地 赤色…
コメント:0

続きを読むread more

スパイカー・C8 スパイダー!

スパイカー・C8 スパイダー は、オランダのスパイカー・カーズが製造・販売している2ドアーのオープンカーです。2001年にスパイダーとクーペのラヴィオレットを発売。こんなオープンカーがあったんですね。発売時の価格が約30万ユーロとの事・・・。 デザインはクラシックな優雅さとエキゾチックな魅力を合わせもつオープンカーだ。素晴らしいで…
コメント:0

続きを読むread more

タイヤとホイルの清掃!

昨日、お天気が良かったので、タイヤとホイルの掃除をしておきました。特にアルミホイルの清掃が大事です。鉄粉をそのままにしておくと除去するのが難しくなり、見た目もよくないですね。 まず4本のタイヤを清掃。雨降りに乗りませんので汚れていないのですが、タイヤ清掃剤を噴霧して暫く放置する。15分ぐらいで奇麗になりました。 ホイルの塗装…
コメント:0

続きを読むread more

水陸両用オープンカー !

こんなオープンカーが存在したんですね。オープンカーで水に浮き走行できる水陸両用車があるようです。水陸両用バスはテレビなどの報道で知っておりましたが、面白いクルマだと思います。 クルマの名称は分かりません。 水陸両用車です。後部にはちゃんと水上走行用のスクリューが取り付けられており、ドアは半分くらい水中に没する訳なので、防水仕様に…
コメント:0

続きを読むread more

エンジン・ファンベルトのメンテナンス !

毎年、3月にメルセデスSLKのファンベルトをメンテナンスしております。走行距離は、3月10日現在で66456㎞(16年間)でエンジンは快調ですね。ファンベルトの交換時期ですが、一般的に走行距離60000㎞と言われておりますが、家内のクルマは100000㎞以上も乗りましたが問題は起きなかった。使用しているうちに劣化が進んで、ひび割れ、伸び…
コメント:0

続きを読むread more

ルノー スポール・スピダー !

ルノー スポール・スピダー 。気になるクルマですね。かなり前にオープンカークラブのミーティングで遭遇した記憶があります。 1997年に販売されたオープンカーだ。 ボディは、FRP製パネルを採用している。 幌がありようですが、かなり手間が掛かるようだ。 案外、内装はシンプルですね。 乗車定員・・・2人 ボ…
コメント:0

続きを読むread more

アバルト1000SPパルケッタ

イタリアの小型・軽量レースカー・アバルト1000SPパルケッタは50台ほどしか生産されなかった。アバルト唯一のミッドシップエンジン搭載車との事。もちろん街乗りも出来るようだ。現在世界で20台ほどしか残っていない超希少車です。 パインフレームとグラスファイバー製のボディ。 前後ともに、インディペンデント・サスペンションと4輪ディスク…
コメント:0

続きを読むread more

最も美しいスポーツカー!

アルファロメオ6C 3000 CMは1952年~1954年まで6台が作られました。アルファロメオで最も美しいクルマと言われている。 レースカーです。 カーデザインは古さを感じさせないですね。 小型のクルマですが、超軽量で動力性のが凄いですね。 =スペック= エンジン・・・3500 cc DOHC、6…
コメント:0

続きを読むread more

シボレー SSR!

こんなオープンカーがあったんですね。2003年に販売されたシボレー SSRはアメリカ車らしいクルマだ。 ピックアップトラックでありながらオープン2シーターです。 メタルトップで開閉速度も25秒と早い。 欧州車のような豪華な内装でなくシンプル内装になっている。 2003年~2004年・・・エンジンは5.3L 最高出…
コメント:0

続きを読むread more

ダイハツバスケット !

2009年東京モーターショーでダイハツ バスケットが発表されました。軽自動車の4シーターオープン・コンセプトです。 おしゃれな軽ピックアップトラックであり、ビーチバギーでもありますね。 シンプルで可愛いい内装です。 前席のルーフはFRP(繊維強化プラスチック)のデタッチャブル、後席の荷台部分はキャンバス地の幌が…
コメント:0

続きを読むread more

でっかいオープンカー 『PUMA』!

2013 年のロサンゼルスモーターショーで発表された『PUMA』は大型(デカすぎ)オープンカー(メタルトップルーフ)です。写真や動画を見ると大きさが分かります。 ボディサイズは全長6145×全幅2360×全高1830mmとデカいですね。 =スペック= エンジン・・・GMの7.0リットルV8搭載 最大出力・・・505ps …
コメント:0

続きを読むread more

スペイン Pegaso Z 102 Series II Cabriolet !

1954年 に発表されたPegaso Z 102 Series II Cabrioletは、スペイン製のカブリオレです。 クルマのデザインはアメ車のようですね。 僅か87台と希少価値車です。 詳細なスペックは分かりません。 エンジン・・・3,187 cc   V8 DOHC 最高出力・・・286 bhp / …
コメント:0

続きを読むread more

SLK350のガラスコーティング・メンテナンス!

昨日、毎年、3月にガラスコーティングのメンテナンスをしております。お天気も良く暖かいので、楽に作業ができました。 ガラスコーティング用メンテンナンス溶液(デーフェンスウオーター)を準備。 トランクから開始する。メンテナンス溶液を塗装面に噴霧。簡単です。 専用布で拭き取る。乾く前に専用布で拭く上げます。 塗装面がすべす…
コメント:0

続きを読むread more

イタルデザイン・フォーミュラ4 !

先日、インターネットを徘徊してましたら、1996年にイタルデザイン・フォーミュラ4の写真がありました。4座のオープンカーです。 幌やメタルトップルーフなどの屋根がないオープンカーです。 かなり昔にオイラが所属していたオープンカークラブで、フェラーリ2座オープンカー(屋根がない)を見た事があります。名称は忘れてしまい分かりませんが…
コメント:0

続きを読むread more

ジェンセン・ヒーレー!

ジェンセン・ヒーレーは1972年から1976年まで製造販売した2座席オープンスポーツカーです。昔、憧れましね。残念ながら1976年5月にヒーレーは倒産しました。 古さを感じさせないデザインです。 軽量化が計られているが、トランクなどが大きき見えます。 内装もウッドパネルがお洒落ですね。 ジェンセン・ヒーレーは…
コメント:0

続きを読むread more

北米日産 370Zki !

北米日産が370Zki(コンセプトモデル)は2018年シカゴオートショーで発表されました。 フェアレディ370Zロードスターとスノーモビルを合わせたクルマです。タイヤの代わりに前輪にスノー板を装着し、後輪にスノーモビルを装着している。 毎年、スキーでニセコに行っており、4WDを借りて雪道を走行しておりますが、スタトレスタイヤ…
コメント:0

続きを読むread more

ミニ・スーパーレッジェーラ・ヴィジョン コンセプト !

2015年にBMWが発表したミニ・スーパーレッジェーラ・ヴィジョンは、マツダユーノスロードスターを意識した意欲的なオープンカーだったんですね。市販されると思っておりましたが、今のところないようです。メルセデスベンツのSLKクラスも今のモデルで終了らしい。そんな事でこのクラスのオープンカーはユーノスロードスター以外は絶滅するのでは・・・(…
コメント:0

続きを読むread more

フォルクスワーゲンGX3 !

2006年にフォルクスワーゲンGX3がロサンゼルスオートショーで発表されました。3輪型スポーツカーですね。 精悍なデザインで素晴らしい! =スペック= エンジン・・・VW Lupo GTI用1.6 L 最高出力・・・125 PS トルク・・・152 N トランスミッション・・・6速マニュアルトランスミッション 0…
コメント:0

続きを読むread more

コンセプトカー リンスピード・センソ !

スイスのリンススピード社が2005年・ジュネーブショーに3人乗りのコンセプトカーセンソを発表しました。運転者の感情に合わせて、室内色を変化させる装置を搭載している❔ スペックの詳細は不明です。 運転者の脈拍や運転行動を読み取り、音楽をかけたり、インテリアのライティングや芳香機能を調整してくれる。それは凄いですね。 その結果、…
コメント:0

続きを読むread more

リンスピード・プレスト!

2002年に発表されたリンスピード・プレストは、メルセデス・ベンツスマート をカスタムしたように見ますが、スペックの詳細は分かりません。 2人乗りのショートボディで、イザというときはボディが伸びて4人乗りにできるようです。構造上、どのようになっているか分かりませんが・・・❔ フロントガラスが極端に短く、もしクルマが横転した場合は…
コメント:0

続きを読むread more

公道を走れるレーシングカー!

ブリッグス・オートモーティブ・カンパニーがニューモデル「Mono R」を発表した。このモデルは革新的な新素材と技術を採用し、軽量・ハイパフォーマンス仕様で公道やサーキットで走行できるレーシングタイプのクルマです。 EDライト、ツインストラットウイングミラーやカーボン製ボディパーツを採用、インテリアはカスタマーの好みに合わせて様々…
コメント:0

続きを読むread more

バリアルーフのゴム部品メンテナンス!

昨日、バリアルーフのゴム部品メンテナンスをしておきました。フロントガラス上部のゴム部品をメンテナンスです。特にオープン時に、紫外線の受けやすいフロントガラスの上部ゴム部品・メンテナンスが重要ですね。 URE ラバープロテクタント ゴム製パーツ保護剤を準備。 ゴム部品に保護剤を噴霧するだけで簡単なメンテナンスです。 この…
コメント:0

続きを読むread more

セアト・フォーミュラ !

1999年に発表したセアト・フォーミュラは、スペインの自動車メーカーで、VWグループに入っている。イメージアップの為にコンセプトカーを制作したんでしょか❔ リアミドに搭載されるエンジンは、240ps級の2.0ℓ直4ターボとの事。 車両重量は分かりませんが、相当な動力性能が発揮されるスポーツカーですね。 写真を見る限り、屋根…
コメント:0

続きを読むread more

SUPカブレオレ コンセプト!

三菱自動車は2002年デトロイト・オートショーにSUPカブレオレコンセプトを発表する。詳細な仕様は分かりません。 幌タイプのカブリオレのように見えますが❔ ガソリンエンジンと電動モーターを搭載しているとの事。 唯、オープンカーに対する関心が低いわが国で、SUV的クルマのカブリオレが売れるとは思わないですね。 北米市場も小…
コメント:0

続きを読むread more

ジムニー e-SURVIVOR コンセプト !

2017東京モーターショウに発表されたジムニー e-SURVIVOR コンセプトは、次世代型の四輪駆動車です。 モーター4基を装備したスズキ未来のコンパクトSUV。各軸4か所にモーターを付けダイレクトに出力される。出力の詳細は分かりませんが、動力性のは凄いのではないでしょうか。 メーターパネルと、シフトレバーが収納される。ま…
コメント:0

続きを読むread more

バルメット・ゼローネ!

1999年にフィンランドのバルメット社が制作したコンバーチブルコンセプトカーバルメット・ゼローネです。1999年のジュネーブ・モーターショーでお披露目されたようだ。 フィンランドのバルメット社の専門は、車体全体のデザインではなく、コンバーチブルのルーフシステムと、コンバーチブルボディの製造していた会社です。その後、話題にならずこの…
コメント:0

続きを読むread more

プジョー・アスファルト コンセプト!

1996年に発表されたプジョー・アスファルトは、れっきとした4輪のスポーツカーです。レーシングカーでしょうか❔ プジョー106ベースに制作され、一人乗りと二人乗りのタイプがあるようだ。 モーターショウ向けの話題作りかも・・・。 1587cc4気筒ユニットをベースにチューンされた90ps、車両重量わずか580㎏で動力性能は凄い…
コメント:0

続きを読むread more

スマート スピードスター「フォーイーズ+」コンセプト!

昨年、メルセデススマートEVのスピードスター「フォーイーズ+」が昨年のジュネーブ・モーターショー2019に登場しました。市販化を前提に作られたモデルのようです。 取り外しが可能なソフトトップは、軽量で丈夫なテキスタイル製のソフトトップを備える移動手段としてのクルマで、遊び心と実用性を兼ね備えた素晴らしいですね。 インテリアも…
コメント:0

続きを読むread more

プジョー607フェリーヌ コンセプト!

古い話ですがプジョー 607フェリーヌを発表したコンバーティブルですが、斬新なデザインでですね。エンジンは、213psの3.0ℓV6ととの事。 プジョーは、607フェリーヌコンバーティブルは2分割式ガラスキャノピーを備えている。 2分割式ガラスキャノピーの前部は前後にスライド、後部は解放できる。また、ドアはフロントフェンダー…
コメント:0

続きを読むread more

ロータス エラン(M100) スピードスター !

1991年に登場したロータス エラン(M100) スピードスターは、オープンスポーツカーレースのように開口部を最低限にすべくカバーしたボディに最低限のウインドシールドを備えたスピードスター製作されました。エンジンはいすゞ水冷直列4気筒DOHC16バルブ ICターボを搭載との事。 =スペック= 全長×全幅×全高(mm)・・・…
コメント:0

続きを読むread more

プジョー・ホガー コンセプト!

2003年にプジョーが発表したホガー コンセプトがありました。ダカール・ラリー用に開発されたようですが、ビーチバギー的なもので砂漠を走破できそうな類のコンセプトカーとの事。 サスペンションは前後ともツインショックを備え、乗員はステンレスのロールケージに守られる設計。駆動方式は4WD。 エンジン・・・180psの2.2ディーゼルを…
コメント:0

続きを読むread more

ディアブロベースのコンセプトカー プレグンタ!

凄いクルマがありました。1998年に発表されたランボルギーニディアブロベースのコンセプトカー ユーリエ・プレグンタです。ワンオフカーですね。 コンセプトカーは開発期間をわずか3ヶ月で完成したとの事。 オープンの方式はタルガ―トップのようで、左右2分割の着脱式ハードトップ。 戦闘機のコクピットのような作りだ。 …
コメント:0

続きを読むread more