未知のスーパーカー!

ミノタウルスMk2はイギリスのタルガートップタイプ・スーパーカーです。2006年-2009年までに僅か8台しか製作されなかったようだ。 フロントデザインは極端に鋭角な形状でフロントガラスも大きい。 空力工学から作り出された車体は迫力がありますね。 公道を走れるレーシングカーですね。 コンパネの大型メー…

続きを読むread more

こんなオープンカーがあったんですね!

1998年に発表したフォルクスワーゲンW12ロードスターコンセプトはワーゲンのスーパーカーです。こんなクルマを開発していたんですね。しかし市販化されなかったようです。 しかしフォルクスワーゲンW12ロードスターコンセプトの開発プロジェットは続行され、 かのブガッティ・ヴェイロンを2005年に登場させたとの事。 …

続きを読むread more

2座ライトウエートスポーツカー!

2015年3月のジュネーブモーターショーで発表したフィアロP75 サイファーは2座ライトウエートスポーツカーです。こんなクルマがあったですね。 レーシングカーのようですね。 このモデルを制作したのは、埼玉県新座市にある「フィアロコーポレーション」です。 創業75周年を記念して2座ライトウエートスポーツカーを製作…

続きを読むread more

ルノーコンセプト!

ルノーラグナロードスターコンセプトは、1990年のパリモーターショーで発表されました。このクルマは市販されなかったようだ。 スポーティーで近未来的なデザインです。 セミオートガルウィングドアが装備。 このクルマの情報を探したのですが、見つかりませんでした。 エンジン・・・2000㏄ ターボチャージャー 最高…

続きを読むread more

古き良き時代を彷彿とさせるオープンカー!

1949年に登場した Alfa Romeo 6C 2500 SS Barchettaはレース仕様のクルマです。スマートなスタイルですね。 この素晴らしいボディはアルファ自身のデザインとの事。 フェンダーなど個性のあるスタイルがイイですね。 エンジンサウンドもいい音がしてます。 詳細なスペックは分かりません。 …

続きを読むread more

伝説のマセラティ。

1956年に登場した Maserati 200 SIは1950年代のレースで名を馳せたクルマです。そのレーシンカーを公道を走れるようにしたとこ事。わずか28台しか作られなかったようだ。希少価値車です。 空力工学からデザインした流れるような車体とアルミボディで軽量化を追求している。 生の未塗装仕上(アルミ剥き出し)…

続きを読むread more

とにかく美しいクルマです。

1951年に発表されたジャガーCタイプは僅か53台しか製造されなかった。この時代はレーシングカーの開発が自動車メーカーのブランド力を高める手段として使われており、かのスターリング・モスもこの車でレースに出場したようだ。その後、公道を走れるようにしたクルマを市販化したとの事。 ロングノーズで空力性能を向上するようなボディにな…

続きを読むread more

たった一台しか作られなかった。

1957年に発表されたマセラティ150 GTスパイダーはプロトタイプのオープンカーです。レースで活躍したレーシングカー・マセラティ150 Sの市販化を目指して製作したようだ。しかし市販化はされずに終わってしまったようです。たった一台しか作られなかった。 アルミボディで超軽量で空気抵抗を低減させる流れるようなデザインです。 …

続きを読むread more

幻のオープンカー!

BMW507ロードスターは、1956 年デビューしました。まだドイツが敗戦の痛手から脱したとは決していえない時代に作られたクルマです。BMW はこのクルマから戦前のような高級車路線へ舵を切った記念すべきクルマです。 こんな時代に優雅で上品なオープンカーあったんですね。 女性的なラインの美しさを感じる。 当時の経済難…

続きを読むread more

栄光のレーシングカー!

1953年に登場したAston Martin DB3S Special は数々のレースで活躍し、その後のアストンマーチンの名声とブランドに大いに貢献した名車です。 レーシングカーとしてルマンや第1回世界スポーツカー選手権に出場したとの事。 迫力ある動画です。 自分が運転しているような錯覚に陥りますね。 …

続きを読むread more

素晴らしい!

1953年に発表された ASTON MARTIN DB2 /4 DROPHEADは、1953年 ~1955年に73台が製作された希少価値車です。 流れるようなボディラインは美しいですね。 走行の動画がないので残念です。 詳細なスペックは分かりません。 エンジン・・・2,922cc  V6 DOHC…

続きを読むread more

最も伝説的なレーシングカー

1956年に発表されたFerrari 290 MM Spyderはレーシングカーです。その年のスウェーデンGPを獲得し、世界スポーツカー選手権でも総合優勝を飾る。 モータースポーツ史上、最も伝説的なクルマです。 4台が生産されたようだ。 車体はスチール製チューブラーフレームで構成され、軽量化されている。 …

続きを読むread more

幻のスピードスター!

2005年にジュネーブで発表されたランボルギーニ・コンセプトSは,たった一台しか作られなかった。幻のスピードスターです。 ランボルギー・ニコンセプトS、ランボルギーニ・ガヤルドから、 フロントガラスをなくした仕様になっている。 2006年に走行可能なコンセプトSを初公開。細部のデザインも見直され、少量限定生産を前提…

続きを読むread more

洗練されたスパイダーですね。

Ferrari 275GTB4Sは1967年に発表されました。V-12スーパーカーの性能と操作性が、レーシングテクノロジよる新技術で飛躍的に向上させたスパイダーです。 巨匠ピニンファリーナよるロングノーズスタイルなど洗練されたデザインになっている。 素晴らしい。 スタイリッシュなロードスターのフロントガラスの高さが…

続きを読むread more

英国ダイムラー!

Daimler SP 250はイギリス最古の自動車メーカーのデイムラーが、ジャガーに吸収される直前の50年代末に発表したFRPボディのスポーツカーです。 ファイバーグラスのボディ(軽量化)にV8エンジンを搭載。 カウル強化フープ、スチールのBピラーアッパーライトと縦シャリングアーチを、 シャーシアウトリガー…

続きを読むread more

イスラエルのオープンカー。素晴らしい!

イスラエルの自動車会社が1962年にSabraスポーツロードスターを発表しました。唯、イスラエルで製作されたのでなくイングランドで122台が作られたとの事。イスラエル初のオープンカーでした。このクルマも希少価値車ですね。 ボディはファイバーグラス製であり、軽量化が図られているようだ。 フロントのデザインがカッコい…

続きを読むread more

ホンダにこんなコンセプトカーあったんですね!

1995年に発表したホンダ アルゼンチンVivoはメタルトップ仕様コンバーチブルのコンセプトカーです。市販化されなかったようで、このコンセプトを開発してる時期に、初代S2000も開発を開始していたようで、その為に中止になったのではないでしょうか? 同じ時期にトヨタが4代目ソアラとしてメタルトップ仕様コンバーチブルを開発、その後、市販化さ…

続きを読むread more

夢の中でもイイから乗ってみたい。

1954年に発売されたマセラッティA6GCS Spiderは1954年から1956年までに60台が生産されたとの事。希少価値車ですね。 優雅で流麗なボディのスパイダーです。 カロッツェリア・ファントゥッティが手がけたようだ。 メカニズムとホイールを最小限の外皮で覆うという発想で作られた。 後の多くのレーシングカー…

続きを読むread more

優雅さと空気力学を駆使した、未来的なデザインだ!

1968 年にコンセプトカー Alfa Romeo P33 Roadster が発表されました。ピニンファリーナのデザインです。 宇宙船のようなクルマですね。 フロントのヘッドライトが"シャンデリア"ようだ。 座席のすぐ後ろの巨大なスポイラーに圧倒されます。 詳細なスペックは分かりません。 エン…

続きを読むread more

気品,優雅さ溢れるスパイダーは,シニアの憧れ!

1959年に発売されたマセラッティ3500GTスパイダーは、マセラティ・ロードカーの名を世界に轟かせた大ヒットモデルです。 ハイパフォーマンス・グランツーリスモでありながら、日常でも快適に乗れるクルマとの事。 生産台数が非常に少なく、242台しか製作されなかった。 =スペック= 販売期間・・・1959…

続きを読むread more

未来志向で宇宙船のようだ。かっこいい!

1988年に発表されたジウジアーロ・アズテックは、25台しか製作されなかった珍車です。イタリアのカーデザイナー・ジウジアーロが製作したとの事。今見ても古さを感じさせないクルマですね。 詳細なスペックは分かりません。 エンジン・・・2,224cc 直5 SOHC 10バルブ(アウディ製エンジン) ミドシップ…

続きを読むread more

オスマンの嵐!

トルコにこんなクルマを作る自動車会社があったんですね。知りませんでした。2015年に発表されたTurkish Sportscar・Onuk S56 Gです。 軽量ボディと剛性の強化が計られ、操作性を考慮したクルマとの事。 メンテナンスコストにも考慮した作りのようだ。 ユーノスロードスターのようなクルマですね…

続きを読むread more

クルマに対する”ワクワク感”を感じる。

富山の自動車メーカー、光岡が往年の名車「コルベット・スティングレー」に敬意を払い、イメージを再現したクルマを発表しました。光岡ロックスターです。 アメリカのテレビ映画「ルート66」で一世を風靡した名車スティングレーは、かっこよく憧れました。 本体・・・マツダロードスターの「SKYACTIV-G…

続きを読むread more

今までにない最高のロードスターだ。

2011年にイギリスのイーグル社が、ジャガーイーグルスピードスターを発売しました。エンジンまで自社で生産との事。販売価格が$ 1,250,000(推定)と驚きですね。 ジャガーEタイプのレストアではありません。 スピードスターのすべて(エンジン、部品等)が新しく作られ、製作された.。 オールアルミボディとフロントガ…

続きを読むread more

楽しいクルマですね。

1966年に登場したAustin Mini Mokeは軍用車として開発されましたが、オフロード走行に適しており、民生用として発売された。イギリス、オーストラリア、ポルトガルで順次、生産されようだ。 アメリカの軍用車、ジープそのものですね。 車高が極端に低い。 暑い気候に最適で安価な楽しい車両として、世界中で人気…

続きを読むread more

アストンマーチン!

1962年に登場したアストンマーチンDB4 GTザガト・バルケッタは、130台が市販されたとの事。公道を走れるレーシングカーでしょうか。 やはりレーシングカーですね。 ロングノーズの流れるようなデザインが美しい。 ボディのフレーム はスチール&アルミニウムシャーシで構成されており、軽量化が図られている。 …

続きを読むread more

ポルシェ!

1959年に登場したPorsche 718 RSK Spyderはレーシングカーです。34台が製作されたようだ。 50年代から60年代初めにかけてレースの世界で活躍したとの事。 走行シーンがありますが、加速性能が凄い。 エンジンサウンドの響きもいいですね。 レーシングカーなのでメーターと大型ステアリン…

続きを読むread more

痛車!

1953年に登場したイタリアの 208 CS Stabilimenti Farina Spyderです。オイラは存在を知りませんでした。6台が生産されたようです。希少価値車ですね。 フィアット1400をベースに作られたとの事。 2009年のペブル・ビーチ・コンクール・デ・エレガンスで、 「戦後スポーツ」で「ベス…

続きを読むread more

売れなかった古き良き時代のメルセデス!

1934に登場した Mercedes-Benz Type 150 Sport Roadsterは世界恐慌の中、発売をしましたがまったく売れなかったようだ。1936年に生産中止に追い込まれる。 愛嬌のあるデザインですね。 でかい目が可愛い。 リアエンジンと短いホイールベース、フロントに狭い荷物スペースがあり、 …

続きを読むread more

フェラーリ!

1953年に発表されたフェラーリ340MMはレーシングカーです。何台製作されたんでしょうか? ロングノーズででかいフロントグリル。 流体ボディは美しい。 クルマは文化の象徴です。 日本にも一台があるようだ。 フェラーリ340MMアメリカのようですね。 詳細なスペックは分かりません。 =スペッ…

続きを読むread more

コンセプト!

1990年に発表された Bizzarrini BZ-2001コンセプトはイタリアの新興自動車 メーカーが数台、製作したようだ。市販化されたんでしょうか? 最先端の技術、革新的な新デザインのクルマと評された。 今見ても古さを感じさせないオープンカーです。 芸術作品みたいなクルマですね。 ウッド仕様のコン…

続きを読むread more

たった100台しか、作られなかった!

1991年に発売されたジネッタG33はG27に似たフロントエンジン・ロードスターで、3.9L・ローバーV8が搭載されています。たった100台しか製作されなかった。ジネッタは1958年、英国サフォーク州のウッドブリッジにおいて、創立された新興自動車メーカーです。 ジネッタg1からの車は、早く走る為に作られた車体デザインが多い…

続きを読むread more

レアなスポーツカー!

ジネッタG4はイギリスのレアなスポーツカーです。8年前にジネッタG4の運転席に座った事があります。実はオープンカークラブのメンバー(赤のホンダS800に乗っている)がG4を所有(現在は売却してありません) しており、旧車会を見学したおりに運転席に座りましたが超狭かった。屋根が載せて(屋根は軽いので下せばオープンカーになります)あったので…

続きを読むread more

マセラッティ!

1957年に発表されたマセラティ450SはイタリアのMaserati製のレーシングカーです。合計9台が作られましたとの事。 流体力学を駆使した流れるようなボディは時代を超越した斬新なデザインです。 フロントグリルには大きなマセラティのロゴが・・・。 エレガントで美しく、華麗なボディはレーシングカーに見えない…

続きを読むread more

痛車!

1958年に登場したAbarth Fiat 750 Allemano Spyderはイタリアのカロッツェリア・アルマーノにオープンモデルの制作を託したクルマとの事。 フロントデザインはカエル顔で愛嬌がありますね。 非力のエンジンながら加速性能はいいようだ。 エンジンサウンドの響きがたまりません。{%表情ニコニコde…

続きを読むread more

フェラーリ!

1951年にブリュッセルモーターショーで発表したフェラーリ212インターはフェラーリ166の後継モデルでレーシングカーです。 ロングノーズと大きなフロントグリルが特徴のデザイン。 フロントガラスが左右に別れ、間にバックミラーとコンパネにエンジンスターターがあるようだ。 エンジンサウドの響きがイイですね。 …

続きを読むread more

六甲山ツーリングレポート!

12日にニセコのクロさんと神戸・六甲山ツーリングに行って参りました。残念ながらお天気は曇りとオープン日和ではなかったですが、楽しかったです。 当日、早朝に我が家を出発し、藍住のセルフガソリンスタンドに寄ってから鳴門淡路神戸高速道路に入る。 冷たい風が頬をなぜる。 太平洋の潮風が吹く鳴門大橋を通過。 淡路島…

続きを読むread more

痛車!

アルファロメオ 1600 デュエット スパイダーは、ダスティン・ホフマン主演の映画「卒業」で使われた事で世界的に有名になりました。ピニンファリーナ・デザインの優美なデザインが話題となりました。 時代を超越したデザインですね。 エンジンサウンドがめちゃめちゃイイいいではないですか お洒落な…

続きを読むread more

レーシングカー?

1966年に発表されたBizzarrini p538Spyderはプロトタイプとして数台作られたようです。 車高が低く、車幅が広いようだ。 フロントデザインは空気抵抗を極力少なくする流体成形になっている。 美しんですね。 軽量化を図るために車体はグラスファイバー製です。 コンパネはレーシング仕様のように…

続きを読むread more

スペイン!

スペイン、バルセロナに近い場所に拠点を構えるマイクロカーメーカー が、1958年に発売したPTV250をご存知でしょうか? エレガントなデザインで可愛いですね。 お洒落なクルマです。 コンパネは速度メーターなしでヘッドライトのスイッチぐらいしかないですね。 詳細なコンセプトは分かりません。 …

続きを読むread more

痛車!

1966年に登場したフィアット・ディーノ2000スパイダーは、ピニンファリーナによる抑揚に富んだデザインとフロントエンジンの古典的な作りになっている。 流麗なボディラインの高性能スポーツカーとして一世を風靡しました。 独立したフロントとセミ楕円形のツインリーフスプリングリヤサスペンション、4輪ディスクブレーキも装備。 …

続きを読むread more

バーギータイプのロードスター!

1970 年に登場したMeyers Manx スポーツロードスターをご存知でしょうか。知りませんでした。たった10台しか作られなかったらしい?  カエルのようなフロントデザインは可愛らしいですね。 4人が乗れるようです。 悪路も問題なく走行できそうだ。 砂丘も難なく走れる。 コンパネのメーターやスイ…

続きを読むread more

セレブが愛用した小型車!

1959年に登場したFiat 600 Jolly コンバーチブルは、世界中のセレブに愛されたフィアットのビーチカーです。このクルマで湘南海岸を走ると絵になりますね。 シートは籐製で、大胆にドアとルーフを取り払ったボディが特徴です。 海水浴用のレジャーカーとして、世界中の富裕層に愛された。ギリシャの大富豪、アリストテレ…

続きを読むread more

古き良き時代のレーシングカー!

1935年に発表したAlfa Romeo Bimotoreはレーシングカーです。2台造られたがレースではドライバーが性能に追いつけなかったようだ。優勝できなかたとの事。 早く走る為に作られたクルマは美しいですね。 エンジンサンドは良い響きしてます。 詳細なスペックは分かりません。 エンジン・・…

続きを読むread more

一台しか作られなかた超高級車!

2008年に発表されたロールスロイスハイペリオンピニンファリーナドロップヘッドクーペてご存知でしょうか。ロールスロイスに対して特別な賓客が、クルマのデザイナー・ピニンファリーナまで指名して、オープンカーを別注。世界にたった一台しかないクルマとの事。価格が6億円と超高級車です。 華麗で優雅なスタイのラグジュアリーです。 個性的なデザ…

続きを読むread more

たった一台しか、製作されなかった悲劇のクルマ。

1965年に発表されたマーサーコブラロードスターは、当時一旦は生産の可能性もあったようですが諸事情によって量産化を断念、その後、デザイナーの努力によって一台のみが生産されたという悲運の車です。 当時としては先進的な機能を備え、優雅な美しさには感銘を受けました。 芸術作品と言っても過言でないクルマです。 …

続きを読むread more

アメリカの名車!

1959年に発表されたコルベットスティングレイ アカエイ(コンセプトカー)は、伝説的クルマ・コルベットスティングレイのデザインの元となった コンセプトカーとの事。懐かしいですね。昔、アメリカのテレビ映画で「ルート66」が日本で放映された。 先鋭的でエッジの立った独特なスタイリング。 美しいクルマですね。 エ…

続きを読むread more

英国の誇り!

モーガン・エアロ8はイギリスのモーガンが開発したスポーツカーです。2000年のジュネーブモーターショーで発表された、モーガンとしては64年ぶりとなる新設計モデルとの事。 クラシカルな姿を残しながらのデザインは素晴らしい。 惚れ惚れしますね。 モーガンの神髄は車体にウッドを使用し、塗装や内装もハンドメイド仕様で作られ…

続きを読むread more

ジャガー!

ジャガー・Cタイプは1951年~1953年の間に製作されたレーシングカーです。53台も販売されたようだ。 ボディー空力技術を駆使し、ボディとフェンダーの段差をなくし、ヘッドライトはフロントフェンダーに埋め込むなど極めて空気抵抗が少ないデザインになっている。 =スペック= エンジン・・・3,441cc  …

続きを読むread more

ブラジル!

2008年に発表されたFIAT CONCEPT CAR IIは、ブラジルFIAI が製作したバーギーカーです。ご存知のようにブラジルは、広大な密林、長い海岸線や沼地など道路事情が悪いところが多い国です。こんなクルマが必要だと思います。市販されたんでしょうか? フィアットコンセプトカーIIの開発テーマが『環境&楽しみ』概…

続きを読むread more