コンセプトカー リンスピード・センソ !

スイスのリンススピード社が2005年・ジュネーブショーに3人乗りのコンセプトカーセンソを発表しました。運転者の感情に合わせて、室内色を変化させる装置を搭載している❔ スペックの詳細は不明です。 運転者の脈拍や運転行動を読み取り、音楽をかけたり、インテリアのライティングや芳香機能を調整してくれる。それは凄いですね。 その結果、…

続きを読むread more

リンスピード・プレスト!

2002年に発表されたリンスピード・プレストは、メルセデス・ベンツスマート をカスタムしたように見ますが、スペックの詳細は分かりません。 2人乗りのショートボディで、イザというときはボディが伸びて4人乗りにできるようです。構造上、どのようになっているか分かりませんが・・・❔ フロントガラスが極端に短く、もしクルマが横転した場合は…

続きを読むread more

公道を走れるレーシングカー!

ブリッグス・オートモーティブ・カンパニーがニューモデル「Mono R」を発表した。このモデルは革新的な新素材と技術を採用し、軽量・ハイパフォーマンス仕様で公道やサーキットで走行できるレーシングタイプのクルマです。 EDライト、ツインストラットウイングミラーやカーボン製ボディパーツを採用、インテリアはカスタマーの好みに合わせて様々…

続きを読むread more

バリアルーフのゴム部品メンテナンス!

昨日、バリアルーフのゴム部品メンテナンスをしておきました。フロントガラス上部のゴム部品をメンテナンスです。特にオープン時に、紫外線の受けやすいフロントガラスの上部ゴム部品・メンテナンスが重要ですね。 URE ラバープロテクタント ゴム製パーツ保護剤を準備。 ゴム部品に保護剤を噴霧するだけで簡単なメンテナンスです。 この…

続きを読むread more

セアト・フォーミュラ !

1999年に発表したセアト・フォーミュラは、スペインの自動車メーカーで、VWグループに入っている。イメージアップの為にコンセプトカーを制作したんでしょか❔ リアミドに搭載されるエンジンは、240ps級の2.0ℓ直4ターボとの事。 車両重量は分かりませんが、相当な動力性能が発揮されるスポーツカーですね。 写真を見る限り、屋根…

続きを読むread more

SUPカブレオレ コンセプト!

三菱自動車は2002年デトロイト・オートショーにSUPカブレオレコンセプトを発表する。詳細な仕様は分かりません。 幌タイプのカブリオレのように見えますが❔ ガソリンエンジンと電動モーターを搭載しているとの事。 唯、オープンカーに対する関心が低いわが国で、SUV的クルマのカブリオレが売れるとは思わないですね。 北米市場も小…

続きを読むread more

ジムニー e-SURVIVOR コンセプト !

2017東京モーターショウに発表されたジムニー e-SURVIVOR コンセプトは、次世代型の四輪駆動車です。 モーター4基を装備したスズキ未来のコンパクトSUV。各軸4か所にモーターを付けダイレクトに出力される。出力の詳細は分かりませんが、動力性のは凄いのではないでしょうか。 メーターパネルと、シフトレバーが収納される。ま…

続きを読むread more

バルメット・ゼローネ!

1999年にフィンランドのバルメット社が制作したコンバーチブルコンセプトカーバルメット・ゼローネです。1999年のジュネーブ・モーターショーでお披露目されたようだ。 フィンランドのバルメット社の専門は、車体全体のデザインではなく、コンバーチブルのルーフシステムと、コンバーチブルボディの製造していた会社です。その後、話題にならずこの…

続きを読むread more

プジョー・アスファルト コンセプト!

1996年に発表されたプジョー・アスファルトは、れっきとした4輪のスポーツカーです。レーシングカーでしょうか❔ プジョー106ベースに制作され、一人乗りと二人乗りのタイプがあるようだ。 モーターショウ向けの話題作りかも・・・。 1587cc4気筒ユニットをベースにチューンされた90ps、車両重量わずか580㎏で動力性能は凄い…

続きを読むread more

スマート スピードスター「フォーイーズ+」コンセプト!

昨年、メルセデススマートEVのスピードスター「フォーイーズ+」が昨年のジュネーブ・モーターショー2019に登場しました。市販化を前提に作られたモデルのようです。 取り外しが可能なソフトトップは、軽量で丈夫なテキスタイル製のソフトトップを備える移動手段としてのクルマで、遊び心と実用性を兼ね備えた素晴らしいですね。 インテリアも…

続きを読むread more

プジョー607フェリーヌ コンセプト!

古い話ですがプジョー 607フェリーヌを発表したコンバーティブルですが、斬新なデザインでですね。エンジンは、213psの3.0ℓV6ととの事。 プジョーは、607フェリーヌコンバーティブルは2分割式ガラスキャノピーを備えている。 2分割式ガラスキャノピーの前部は前後にスライド、後部は解放できる。また、ドアはフロントフェンダー…

続きを読むread more

ロータス エラン(M100) スピードスター !

1991年に登場したロータス エラン(M100) スピードスターは、オープンスポーツカーレースのように開口部を最低限にすべくカバーしたボディに最低限のウインドシールドを備えたスピードスター製作されました。エンジンはいすゞ水冷直列4気筒DOHC16バルブ ICターボを搭載との事。 =スペック= 全長×全幅×全高(mm)・・・…

続きを読むread more

プジョー・ホガー コンセプト!

2003年にプジョーが発表したホガー コンセプトがありました。ダカール・ラリー用に開発されたようですが、ビーチバギー的なもので砂漠を走破できそうな類のコンセプトカーとの事。 サスペンションは前後ともツインショックを備え、乗員はステンレスのロールケージに守られる設計。駆動方式は4WD。 エンジン・・・180psの2.2ディーゼルを…

続きを読むread more

ディアブロベースのコンセプトカー プレグンタ!

凄いクルマがありました。1998年に発表されたランボルギーニディアブロベースのコンセプトカー ユーリエ・プレグンタです。ワンオフカーですね。 コンセプトカーは開発期間をわずか3ヶ月で完成したとの事。 オープンの方式はタルガ―トップのようで、左右2分割の着脱式ハードトップ。 戦闘機のコクピットのような作りだ。 …

続きを読むread more

フォード・インディゴ コンセプト!

1996年にフォードモーターが制作したコンセプトカー「インディゴ」はレース時のスリルを一般道路で体験できるように開発された。企画から完成まで約6ヶ月で完成したとの事。凄いですね。 フォードの最新技術とエアロダイナミクスを使った、非常にパワフルで小回りの効く2シータのロードスターです。 レーシングカーですが、公道走行できるので…

続きを読むread more

トヨタ FXSコンセプト!

2001年にトヨタFXSオープンコンセプトを発表しました。幌やメタルトップなどの装備がないスポーツカーが登場。近未来的なスタイルですね。 夢のあるスタイルと未来的なスポーツカーは素晴らしい。 4292ccのV8 DOHC(パワースペックは未公表)との事。 変速機・・・シーケンシャル6速MT 駆動・・・FR ★車両重量は…

続きを読むread more

ホンダCR-Xデルソル SR !

1992年3月に発売されたホンダCR-Xデルソルの名称が付与され、スイッチ操作で屋根をトランクルームの専用ホルダーに収納できる電動オープントップのオープンカーです。 三代目、デリソール SRタイプはブラジャー(飛び石の防御)がアクセサリーとして準備されていて、精悍で如何にも走りに徹したスポーツカーだ。 仕様の一覧…

続きを読むread more

道の駅 パトロール!(笑)

今年、初めての道の駅パトロールに行って参りました。お天気は快晴です。真冬のオープンエアーを楽しむ。年寄りの冷や水でしょうか(笑)。 9時30分に我が家を出発!吉野川を渡り、国道192号線から阿波池田方面に向かう。寒いですが山から吹き下ろす風は清々しい。道の駅・貞光ゆうゆう館に到着です。 陸橋から駐…

続きを読むread more

アメリカンスポーツカー!

アメリカンスポーツカー三菱エクリプススパイダーがありましたね。かなり古い話ですが、2004年に登場したオープンカーでアメリカで生産された。 幌の開閉は電動だが、サンバイザーを下げてラッチハンドルを操作する。 【スペック】 車重・・・1520kg 駆動方式・・・FF エンジン・・・3リッターV6SOHC24バルブ(19…

続きを読むread more

ガリューコンバーチブル!

古い話ですが、2007 – 2016年 2016年6月まで販売された光岡・ガリューコンバーチブルは、堂々と大きく構えたラジエターグリルと、力強く流れるショルダーラインは、乗る者までも力強く、そして優雅な姿が美しいですね。 フォード・マスタングコンバーチブルがベースでカスタマしたクルマだ。 エンジン・・・4.6リッターV8…

続きを読むread more

スズキC2!

古い話ですがスズキ C2コンセプトをご存じでしょうか、市販されませんでしたがカプチーノの思想を継承、発展させたクルマで、V型8気筒1600DOHCツインターボを搭載した凄いクルマです。 小型でハイパワーのオープンカーです。 ●乗車定員・・・2名 ●エンジン・・・V型8気筒1600DOHCツインターボ ●最高出力・・・250P…

続きを読むread more

ユーノスロードスターコンセプト!

2000年に発表されたコンセプトカー、マツダ・モノポストは一人乗りのクルマです。 NBロードスターをベースに制作され、エンジンは1.8リッター・ターボチャージャー付で190psとの事。 小さなウインドスクリーンと上部をカットしたステアリングホイール、そしてAutometer製のメーターを装着。バックミラー装備。 内装は…

続きを読むread more

V8マツダ・ロードスター525ps !

2017年頃、アメリカのチューナーがマツダ・ロードスターにV8エンジンを搭載したモンスターカーを製作しておりました。エンジンはGM製6.2リッタ−V8で525馬力との事。凄いですね。 そのハイパワーに対応できるようボディ、足回り、ブレーキ、タイヤサイズも強化されているようだ。車体重量が1179㎏と軽いですね。カスタマ費用が550万…

続きを読むread more

メルセデス・ベンツ   Vision SLA・コンセプト!

古い話ですが、1999年に発表されたメルセデス・ベンツ  Vision SLAは小型のオープンカーですが、その後、市販されなかったですね。 Vision SLAは、Aクラスの効率の良い1.9リットル・エンジンと車体フレームを用いています。 SLAの全長は3.77m。Aクラスより約17cm長くなっているとの事。 SLK350の…

続きを読むread more

蒸気自動車!

1900年初頭に蒸気エンジン搭載のクルマがあり、電気自動車やガソリンエンジンが混在しておりました。現在、主流となっているガソリン自動車が誕生するのは、1885~1886年。ドイツ人のゴットリープ・ダイムラーが発明して今日に至る。 スタンレー蒸気自動車は1906年、フロリダのオーモンドビーチで時速127.66マイル(205km)を叩…

続きを読むread more

シボレーカマロRSコンバーチブル!

沖縄でシボレーカマロRSコンバーチブルがレンタカーで借りれるようです。このクルマは432PSで車重1710㎏とスーパーカー並みの動力性能が凄い。ブルースカイと青い海の沖縄に似合いますね。 シボレーカマロRSコンバーチブル限定モデルで希少車との事、ディーラー登録は日本で1台のようだ。 コンパネなど、お洒落なデザインになって…

続きを読むread more

ポルシェ カイエン カブリオレ コンセプト!

2002年にポルシェがカイエンカブリオレ コンセプトを開発しましたが、一般公開されずにお蔵入りになっておりました。それが公開されたようです。 タルガタイプのオープントップ仕様のようだ。 2002年前からポルシェがカイエンタルガトップオープンカーを開発してたんですね。やはり北米市場向けだと思います。 この種の…

続きを読むread more

北米市場用のカブリオレ!

9年前の話ですが、2011年に北米市場・輸出専用車、日産ムラーノクロスカブリオレが発売されました。 ムラーノクロスカブリオレは北米日産(株)が企画したクルマのようで、未開拓市場を開拓していく戦略に基づくクルマとの事。ムラーノクロスカブリオレはライバルがいない。 内装はお洒落な作りになっている。風の巻き込みが少なく、室内で会話…

続きを読むread more

レーシングカー仕様❔

プジョーがフランクフルトモーターショー(2005年)で3輪2シーターロードスター『20カップ』コンセプトを発表されました。古い話題ですが・・・。 フロントは低重心でガソリンエンジン仕様、車重は500kgを切る軽量との事。 プジョー、シトロエン、BMWの協力で開発された直4DOHCガソリンターボ。パワーは170bhp/24.5…

続きを読むread more

凄いね、こんなオープンカーが !

ネットを徘徊しておりましたら、スバル360をカスタマ・オープンカーを発見しました。日本では到底、車検が通りませんね。どうもロシア製のようだ。 危険過ぎて乗る気にならないですね。 本来の外装を切り取って、樹脂加工したパーツを取り付けたんだ思います。サウンドバキー仕様だと思いますので、海岸で乗る為のクルマではないでしょうか・…

続きを読むread more

こんなオープンカーがあったんですね!

ネットを徘徊しておりましたら、こんなオープンカーを発見!シボレーSSRです。シボレーSSRはピックアップトラックをオープンカーに改造したクルマです。知りませんでした。アメ車らしいコンセプトカーですね。 モダンなクルマに見えます。 オープンでサーフボードを載せて海岸を目指す。絵になりますね。 V型8気筒6.0Lエンジンを…

続きを読むread more

こんなオープンカーがあったんですね!

ネットを徘徊しておりましたら、1946年から1952年まで発売されたチェコのエアロマイナーです。こんなオープンカーがあったんですね。それも共産圏チェコスロバキアで作られたとは驚きです。 エアロマイナーはチェコスロバキアがドイツ占領中に密か開発が始まり戦後、発売されたようだ。排気量615cc、前輪駆動の2気筒2ストロークエンジンを搭…

続きを読むread more

エンジン内ラバー部品のメンテナンス!

昨日、久しぶりにSLKのエンジン内、ラバー部品をメンテしておきました。ラバーの保護剤を噴霧するだけで簡単なメンテナンスです。SLKが我が家に来て15年が過ぎました。コマメにメンテをしておりますので、ラバー部品の劣化は無いですね。弾力のあるラバーが維持されております。 KUREラバープロテクタント (ゴム製パーツ保護剤)を準備。 …

続きを読むread more

シュコダ136ラピッドコンバーチブル !

ネットを徘徊しておりましたら、1985年に発売されたチェコのシュコダGBラピッドカブリオレがありました。こんなクルマがあったんですね。ワーゲンゴルフカブリオレに似てますね。 【仕様】 エンジン・・・1289 cc 最高出力・・・58ps 最高時速・・・152㎞ 変速機 ・・・5速mt 現在のチェコのシュコダG…

続きを読むread more

光岡のビュート・ロードスター!

ネットを徘徊しておりましたら、光岡のビュート・ロードスターを見つけました。日産・マーチのボディをベースに光岡が内外装を分解し、1台1台職人の手作業によりカブリオレにカスタマイズしたクルマです。 英国のクルマみたいですね。 1993年-2002年まで販売されクルマで、5人乗りの2ドアオープンカーです。 水冷直列4気筒DOHC…

続きを読むread more

お洒落で可愛いオープンカー!

ネットを徘徊しておりましたら、オードリー・ヘップバーン主演の映画“お洒落泥棒”に登場していた可愛いオープンカーをみました。イタリアのアウトビアンキ ビアンキーナ・カブリオレとの事。知りませんでした。 小さくて粋なクルマですね。 直列2気筒4サイクル479ccで13馬力です。 現在、日本に何台かあるようです。 …

続きを読むread more

ワンオフオープンカー!

ネットを徘徊しておりましたら、フェラーリが特別な顧客の依頼で製造する「ワンオフモデル」があるようだ。市販モデルをベースとして、オーナーの希望に添った独自のデザインに仕上げられたクルマとの事。フェラーリ社に製造してもらうという「ワンオフ・プログラム」ですが、その最新作「SP3JC」が、納車されたようだ。世界には凄い方がいらっしゃるですね。…

続きを読むread more

小歩危ツーリングレポート!

18日に徳島県・小歩危峡へツーリングに行って参りました。お天気は快晴でオープン日和です。我が家を出発、阿波池田方面へ向かう。9時30分の気温は4℃と聊か寒かったですね。 我が家を出発、国道192号線を西へ。快晴ですが冷たい風が吹いておりました。オープンエアーは最高です。 池田バイパスに入り、🚻休憩の為バイパスにあるコンビ…

続きを読むread more

真冬のオープン走行は年寄りの冷や水でしょうか❔

日曜日は快晴で小歩危ツーリングへ行って参りました。真冬のオープン走行は76歳のオイラには年寄りの冷や水でしょうか❔ 今日のブログのテーマは表記の題ですが、真冬のオープン走行は寒くないですね。オイラのような後期高齢者でも安全に暖かく走行できます。オープンでも寒くない装置、あれこれを紹介・・・。現在、小歩危ツーリングの画像、動画の編集中です…

続きを読むread more

廃インク吸収パッドの交換時期が近付きました!

エプソンカラリオ707Aを 2015年12月に購入してから4年が経ちました。昨年の12月中旬に廃インク吸収パッドの交換時期が近つきましたと表示される。それから一ヵ月が経ちましたが、まだ印刷できています。ボランティア活動や料理教室で頻繁に印刷しており、突然印刷できないと困りますのでエプソンカラリオFW-452Aをアマゾンで購入しておきまし…

続きを読むread more

こんなオープンカーがあったんですね!

ネットを徘徊しておりましたら、珍しいオープンカーを見つけました。お洒落なオープンカー、フィアット・500ジョリー・スピアジーナです。 フィアットは500ジョリー・スピアジーナの60周年記念として、2種類のスペシャルエディションを英国で発売したようで、お洒落なクルマですね。 ルーフとともにリアシートも取り除かれ、代わりにビーチ…

続きを読むread more

バギィカーもオープンカーか❔

ネットを徘徊しておりましたら、珍しい軽のオープンカーを見つかました。バギィカーもオープンカーに入るんでしょうか・・・❔ 実車は見た事がないですね。 知る人ぞ知るダイハツフェローバギィ。1970年に限定100台で販売されたとの事。車体には軽量なバスタブ型FRPを使用。ボデイのほぼ真ん中に2名分の座席を設置、その後ろに150kgの荷物…

続きを読むread more

こんなスパイダーがあったんですね!

ネットを徘徊しておりましたら、珍しい軽のオープンカーを見つけました。ダイハツ リーザスパイダー (1991年11月ニューモデル)です。オイラはそんなクルマがあったとは知りませんでした。 ダイハツ リーザスパイダーは女性にも楽しめるコンパクトオープンカーとして登場! 1990(H2)年に登場した2代目リーザをベースにした2シ…

続きを読むread more

世界初のメタルトップオープンカー!

昨日、ネットを徘徊しておりましたら、こんな記事がありました。世界で初めてメタルトップオープンカーPEUGEOT 401 Eclipse エクリプスは1934 年のパリモーターショウで 発表された。世界初のメタルトップオープンカーです。 1935年から1936年8月までの約1年間に13,545台が生産されたようだ。 バリアルー…

続きを読むread more

オープンカー・ユーモア!

ユーモアたっぷリな動画がありました。スーパーカーや大排気量のオープンカーとエリーゼやマツダMX5(ユーノスロードスター)との競争です。誰が見てもスーパーカーと思いますが・・・。 こんな結果になりました(笑)。 ロータスエリゼ、ランボルギーニ ガヤルド 550、マツダMX5、コルベットグランドスポーツ、 フォードムスタング、ポル…

続きを読むread more

SLK・バリアルーフの開閉(左側)でまた異音がする!

昨日の午後、バリアルーフの開閉をしましたが、まだビビビーと低い異音がします。年明けのメンテナンスで異音が止みました。しかし再度、発症。シリコングリースメイトを噴霧しておきました。異音対策(シリコングリースメイトを噴霧)しました。2回、バリアルーフの開閉しましたが、異音がしなかった。 エンジンを掛けたままメンテナンスを実施。   …

続きを読むread more

ドア(三角窓も含む)付近・ゴム部品のメンテナンス!

今日もお天気が良く、午前中にSLKにドア(三角窓も含む)付近・ゴム部品のメンテナンスをしておきました。簡単なメンテナンスです。15年目が過ぎましたが劣化は無いですね。 呉ラバープロテクタントを準備、SLKの右側・三角窓のゴム部分に噴霧する。 噴霧した液を指で伸ばすだけです。     _/_/_/_/_/_/_/_/_/…

続きを読むread more

八朔の収穫を行う!

年末は忙しくて八朔の収穫をしておりませんでした。今日は快晴で暖かく、将軍様と一緒に10時過ぎから収穫を行いました。八朔は良く実っており、ミカン箱で4箱半(小さい玉も含めて)も・・・。3時間以上も掛かりました。 八朔の木もこの一本だけで、昨年の12月に下旬に撮影した写真です。 三脚や伸縮式高枝鋏 フルーツピッカー 果物取り器、…

続きを読むread more

1月8日、早朝の羊蹄山!

冬の羊蹄山は美しい!令和2年1月8日、通勤途中で羊蹄山を撮影したようだ。ニセコの樺山在住のクロさんとは20年来のスキー友達です。羊蹄山の近くにあるルスツスキー場は積雪100㎝で、滑走可能のようだ。ニセコグランヒラフスキー場は80㎝で滑走可能ですが雪が少ないですね。 早朝のジャガイモ畑で積雪は少ない。 毎朝、ランクルで通勤するのも…

続きを読むread more

今日のニセコとルスツスキー場(天気と温度、積雪や雪質情報)!

今日のニセコ・グランヒラフスキー場の積雪が80㎝と少ないですね。昨日、ニセコのスキー仲間・クロさんから電話がありましたが、雪が少ないと言っておりました。 =今日のグランヒラフスキー場の天気と温度、積雪や雪質情報=      _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_…

続きを読むread more