SLK・ゴム部品のメンテナンス!

8日にゴム部品(バリアルーフ付近のゴム部品、三角窓、窓部分)をメンテナンスをしておきました。年に2回ぐらい丁寧にしております。 劣化防止にはラバープロテクタント をよく使っている 。 ゴムの劣化による硬化、ひび割れ、べとつきを防ぎます。 また、ゴム表面の汚れを落とし、汚れの再付着を防ぐ。 外車のゴム部品は日本車よ…

続きを読むread more

古き良き時代のメルセデス !

1937年製メルセデスベンツ・540K スペシャルロードスターは、古き良き時代に製作された全てのクルマの中で最も有名です。たった24台しか造られなかった。 1030年代のドイツのアウトバーンで、毎時170kmで走行できるように作られた。 速いですね。 フロントデザインは、大きなヘッドライトとラジエーター…

続きを読むread more

謎のオープンカー!

1992年に登場したチゼータ V16T スパイダーは、以前ランボルギーニに在籍したクラウディオ・ザンポーリがイタリアに設立したチゼータ社のスーパーカーです。現在、高知県・四国自動車博物館に展示してあるようです。9年前に四国自動車博物館にオープンカークラブで行った事がありますが、記憶にないですね。 V型16気筒を横置きミ…

続きを読むread more

こんなオープンカーがあったんですね。!

スウェーデンのjcIndigo 3000をご存知でしょうか。1996年発表されたカブリオレです。しかし1999年に破産したとの事。たった43台しか生産されなかった。 ずんぐりしたデザインが、上品な大人のラグジュアリー的カブリオレです。 エンジンサウンドはアグレッシブではないですね。 加速性能はよさそう。 …

続きを読むread more

戦後初の国産スポーツカー!

1952年1月に登場した戦後初のスポーツカー、ダットサンスポーツDC-3は、戦後の混乱期、終戦から7年も経たない時期に製作されたとは驚きですね。戦前のダットサン・ロードスターによく似てますね。 1930年代のロードスターを彷彿とさせる。 戦後、日本の復活のスタートとなった象徴的なクルマだと思います。 こ…

続きを読むread more

最長オープンカー!

ドイツのデザイナー・ルイジコラー二が 1976年ジュネーブモーターショーで発表したロードスターコンセプト・Colani L’Aiglonは、古き良き時代を彷彿とさせるクルマです。こんな長いクルマは初めて見ました。 異様なほど馬鹿でかいロードスターですね。 スタイリングを混ぜ合わせた1930年代のスポーツカーの…

続きを読むread more

永遠の名車!

1955年に登場したポルシェ550A 1500RS スパイダーは、ポルシェ・356をチューンし足回りを改良、細い鋼管フレームを使用する事でスペースフレームを改良、軽量化されているようだ。生産台数は僅か37台との事。 フロントデザインが可愛いですね。 エキゾーストノートはすさまじく、車内での会話は難しいとの事。 …

続きを読むread more

スロバキアで最初のスーパーカー!

2012年に発表したスロバキアのTushek Renovatio T500はスーパーカーです。価格は30万ユーロ(4800万円)と高価なクルマですね。30台ぐらいを計画したようですが、テスト車を含めて5台ぐらいが販売されたようだ? 公道を走れるレーシングカーではないでしょうか? ボディはカーボンファイバー製で軽量化が…

続きを読むread more

享楽的なスポーツカー!

2015年に登場したアルファ・ロメオ4Cスパイダーはイギリスのロータス・エリーゼを意識した作りのようで、乗り味もまさに「イタリアのロータス」と評されている。屋根は手動式(脱着はロータスエリーゼと同じ方式)のタルガートップ仕様との事。素晴らしいクルマですね。 男性的なフロントフォルムと昆虫の目のようなヘッドライト(バイキ…

続きを読むread more

これぞオープンカー乗りの強者!

ブログをご覧の皆様、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。2019年もオープンカーに関する話題やレポートをブログに投稿したいと思っておりますが、昨年の12月で75歳(後期高齢者)となりました。又、病を抱えたままですが、今後もスキーやオープンカー、ボランティア活動にと「第二の青春」を謳歌したいと思っております。 …

続きを読むread more

オープン走行でも暖かい!

12月29日に大歩危、小歩危ツーリングに行って参りました。外気温4℃と凄く寒いです。でもオープン走行では暖かい。冬のオープンカーライフ、なんで冬に屋根を開いて走るのかと疑問に思われるかと思いますが、周りからは見ているほど本人は寒くありません。冬に外出する服装で運転すればOK。クルマにはドラフトストップ、シートヒーター、エアコン、スカーフ…

続きを読むread more

大歩危、小歩危ツーリング!

やっとボランティア活動が終わり、久しぶりに昨日、ツーリングに行って来ました。気温4℃と寒い。勿論、オープン走行です。大歩危、小歩危へ。天気予報は曇りとの事で出掛けましたが、大歩危、小歩危付近の山には雪が少し積もっておりました。9時過ぎに我が家を出発、撫養街道を西へ。 撫養街道を道の駅・三野に向かう。 この付近では晴れてい…

続きを読むread more

史上最高のグランドツーリングフェラーリ!

1960年に登場したFerrari 400 Superamerica Cabrioletは、わずか9台しか製作されなかった希少価値車です。58年前のクルマが、まだ現存してるようで凄いですね。 かのピニンファリーナによって作られたようだ。 スポーティーなラインが美しい。 四輪ディスクブレーキを装備。 …

続きを読むread more

一度は乗ってみたい!

光岡が往年の名車・ポルシェ356スピードスターのレプリカを製作していたんですね。耐久性、メンテナンス性を考えVWのエンジン、フレームを使用。さらに強度を増す為、サブフレームを加え、FRPボディ仕様。1989 年~1990年 8月まで生産されたようだ。 憧れのクルマ! オープンカークラブに本物のポル…

続きを読むread more

時代を駆け抜けたオープンカー!

1952年に登場した Alfa Romeo 1900 C52はレーシングカーとして合計5台が製作されたようだ。4台が今日も生き残っているとの事。 このボディデザインは空力工学に基づく風洞実験でテストされ、 横風の抵抗を低減させたボディのようです。 少しずんぐりしていますが・・・。 フロントグリルのデザイン…

続きを読むread more

古き良き時代のオープンカー・REPLICA!

このクルマは古き良き時代(1936年)に販売されたオープンカー・ AUBURN BOATTAIL SPEEDSTERの レプリカです。強烈なオーラを感じる凄いクルマですね。 このクルマは周囲を威圧するような外観。 外観も内装も豪華な作りで、内装にウッド素材が使われている。 詳細なスペックは分かりません。 …

続きを読むread more

オープンカーの歴史!

自動車が誕生したのは江戸時代の1769年、フランス軍の蒸気で走る自動車が最初と言われている。 大砲運搬のために造られたようだ。蒸気自動車で大砲を牽引する事になんったんでしょうか・・・。まさしくクルマの歴史は屋根のない(オープンカー)クルマから始まったようだ。 その後、ドイツ人・ゴットリープ・ダイムラーは4ストロークエン…

続きを読むread more

ニモスコンセプト!

2014 年に発表された370Z NISMO ロードスターコンセプトはフェアレディZ ロードスターのNISMOバージョンです。すでに、日本市場向けの生産終了したフェアレディZ ロードスターですが、アメリカ市場向けにニモスが開発したクルマとの事。 外観は美しいですね。 エアロキット、ミラー、スポイラーは強烈な印象です。…

続きを読むread more

ベントレーのレーシングカー!

2012 年に発表されたベントレーバルナートロードスターコンセプトはレーシングカーですね。戦前(1920年代)、ベントレーはル・マン24時間で4連勝等、歴史的レーシングレースで活躍し、ベントレーのブランド向上に多大の貢献をしたようだ。戦前のモデルをイメージして、作られたようですね。 このクルマに関してはレースに出場した…

続きを読むread more

多くのカーレースで勝利した名車!

1952年に登場した Ferrari 225s Spyderはレーシングカーです。12台が製作されたようだ。多くのカーレースで勝利した名車のようだ。 革新的なスチール製チューブラーフレームで強固な剛性を実現、 車両重量も軽量化が計られてるとの事。 レーシングカー製作では常に早さを追求して作られるので、 空気抵…

続きを読むread more

サーキットで活躍、歴史を刻んだ!

Alfa Romeo 33 Periscopica Spiderは、1967年に製作されたレーシングカーです。6台ぐらい作られたようだ。51年前に作られたクルマが現存しているとは驚きですね。 チューブラーフレームにアルミニウムのボディー、ディスクブレーキや独立したサスペンションを備えている。 レーシングカーで…

続きを読むread more

強烈なパワー!

Lamborghini Aventador J 1は、2012年に発表されたコンセプトカーです。複数が製作されたようですが、その後、2億数千論吉で販売されたようだ。 こんな美しいクルマは今まで見た事がないですね。 フロントバンパー、サイドスカート、リアディフューザー、リアスポイラーなどの戦闘的な仕様だ。 空気力学から生…

続きを読むread more

排気音はこれぞテノールの響き!

Lamborghini Aventador J 1アルファロメオ 8C スパイダーは、2010年に発売されました。世界で500台の限定生産で、日本への割当分は70台の希少価値車です。 スティール製のプラットフォームにフル・カーボン・ボディを載せているようで、 先行で発売された8Cクーペに引けを取らない剛性を有している…

続きを読むread more

メルセデスベンツは凄い!

過去と未来をつなげる個性的なEVスーパーカーを発表しました。EQシルバーアロー・コンセプトです。レーシングカーみたいですね。 全体がカーボンファイバーて仕上げられたボディであり、全長5,300mmとフラッグシップモデル並みの大きさのようだ。一人乗りモデルとの事。 詳細なスペックは分かりません。 エンジン・・…

続きを読むread more

こんなコンバーチブルが製作されたんですね。!

ジュネーブショー2010で発表されたプジョーSR1コンセプトは、クーペに見えますが、屋根を外せばコンバーチブルになります。ハイブリットカーで、しかも3人が乗れる。しかし市販されなかったですね。 ボディデザインは、流れる様なサイドラインとボンネットのダイナミズム溢れる形状がすばらしい。 大人のラグジュアリーと言っても過…

続きを読むread more

凄いクルマがあるんですね!

ご存知でしょうか。マッスル リバーストライクを・・・。クルマにハーレーダビッドソンのエンジン搭載した三輪型のオープンカーです。 ユニークな2シーターオープンカーですね。 =スペック= 排気量・・・1250cc    ハーレーダビッドソンエンジン搭載 最高出力・・・122馬力 トルク・・・84,…

続きを読むread more

フェラーリの貴重なモデル!

2008年に登場したフェラーリ550 GTZ Barchettaは、いままでミッドシップに搭載されていたV型12気筒エンジンが、フロントへと移動したことで大きな注目を集めたようだ。   デザインは古いフェラーリに敬意をはらったスタイルのようだ。 ボディはすべてアルミニウムとの事。 詳細なスペックは分かりません。 …

続きを読むread more

すばらしい!

2006年ニューヨークオートショーで発表された ニッサンアーリッジコンセプトは、3人乗りのタルガートップオープンカーです。こんなクルマがあったんですね。 ニッサン350Z(北米輸出車)より小型で3人が乗れるように作られたコンセプトカーとの事。 ボディはアルミニウムと複合繊維で作れてており、1100kg未満のようだ。 …

続きを読むread more

お洒落なクルマですね!

2000年のパリモーターショーで、プジョー Peugeot Kart Up(4タイプ)が発表されました。 お洒落なオープンカーコンセプトです。 サンドバーギーではないようで、車両重量(軽量化が計られている)は軽いようだ。 このクルマに6気筒・210馬力のエンジンを搭載しているとこ事。 凄いロードスター(2人乗り)です…

続きを読むread more

スイスのチューニングメーカースパッロ !

2001年に発表されたSbarro Christelle Cabrioletは、スイスのチューニングメーカーが製作したスーパーカー(コンバーチブル)です。スイスにこんなクルマがあったとは知りませんでした。コンセプトカーで終わったのか、販売されたのか分かりません? フロントデザインは空力工学から生まれた形状だと思います…

続きを読むread more

カルマン・コンセプト!

1999年にワーゲンKarmann Coupeコンセプトが発表されました。1974年に発売されたVW Kalman Gear Coupeの新型として開発されましたが、市販されなかっですね。 イタリアのカロッツェリア「ギア」のデザインは、 流麗で上品なスタイリングがすばらしい。 1974年に発売された VW K…

続きを読むread more

水上バイクが収納出来るスパイダー!

1997年に発表したプジョー806ランナバウトコンセプトは水上バイクが収納できるスパイダーです。遊び心満載のクルマだ。流石、フランスですね。唯、最初から市販を考慮しないコンセプトカーではないでしょうか? お洒落なクルマです。 唯、幌も装備していないようで、晴天専用ですね。 荷物台にはチーク材木が貼ってありま…

続きを読むread more

若者の感性に訴える !

1994年に発表されたニッサンAA-Xコンセプトは4人乗りのオープンカーです。若者の感性に訴えるクルマを製作しましたが、市販化されなかったですね。 オープンエアを感じながら気持ち良く走れるオープンカーの爽快感とワゴンの多用途性の両立を追求した新感覚のオープンカーとの事。 =スペック= 乗車定員・・・…

続きを読むread more

荒野を一気に駆け抜ける!

1991年に発表されたいすゞVX-O2は、SUVのタルガートップ仕様オープンカーです。いすゞの名を世界に知らしめたSUV<ビークロス>のオープンタイプ・コンセプトが存在したとは存じませんでした。残念ながら市販化されなかったですね。 27年前のデザインですが、近未来的なルックスは、今でも古さを感じさせないクルマです。 …

続きを読むread more

より軽くてシンプルに!

1991年に発表したロータスM200スピードスターコンセプトは数台製作されたようですが、市販化されなかったですね。 左右に分かれた運転席と助手席は、空気抵抗を低減させる効果があるんでしょうか。 ヘッドライトが可愛いですね。 勿論、幌などありません。 詳細なスペックは分かりません。 =スペック= …

続きを読むread more

凄いカスタムカー!

2009年に発売されたW3 Tripostoはポルシェ911のカスタマカーです。レトロなレースカーのようですね。カナダ・ケベック州のカスタマ会社が25万ドルで発売したとの事。 車体のデザインは古き良き時代のレーシングカーを彷彿とさせます。 中央に背骨(横転から運転者、搭乗者を守る)のような古典的な外観をしている。 …

続きを読むread more

魅力に満ちたスパイダー!

2004年に Sivax Xtile コンセプトが発表されました。SIVAXは日本の会社で、自動車を中心とした工業製品の総合開発支援企業が製作したようだ。魅力に満ちたスパイダーです。 美しいクルマです。 流石、メイドインジャパン! このクルマの詳細スペックは公表されていないですね。 2000ccのエンジン…

続きを読むread more

美しい曲線が魅力的なスパイダー!

Sbarro turbo s20は2007年にデザイン学校(Espera Sbarro)の学生が、学校の20周年に合わせてSbarro S20を設計,製作したコンセプトカーです。 学生のデザインだとの事ですが、空力工学を駆使した流れるような曲線ボディは美しい。 このクルマにメルセデスベンツがエンジンを提供(多分、寄贈…

続きを読むread more

美しすぎる。スーパーカー!

VERITAS RS IIIはドイツのGrafschaft-Gelsdorfで開発し、2001年に発売されたました。レースカーモデルと公道を走行できるモデルあり、30台が作られたとの事。 フロントデザインは精悍で戦闘的なフェースが凄い。 モンスターのようだ。 BMW製V10エンジンを搭載したスーパーカーです。 …

続きを読むread more

アメ車・スパイダー!

Plymouth PT Spyder(プリマスプロントスパイダー)は1998年に発表したダイムラー・クライスラーのコンセプトカーです。数台が製作されたようだ。市販化はされなかったですね。 ヨーロッパのスポーツカーに対抗して開発されたようだ。 エキゾチックな雰囲気が漂う美しい2ドアロードスターです。 詳細なコンセプト…

続きを読むread more

プジョー コンセプトcar!

2000年に発表された Peugeot 607 Felineはプジョーの2シートオープンカーです。ドアの開閉やタルガートップ方式がユニークですね。市販化はされなったようです。 2000年のジュネーブオートショウに登場。 カーボンファイバーボディー構造や方向探知ヘッドライトなどを装備している。 ドアの開閉はフロ…

続きを読むread more

近未来オープンカー!

マセラティトラモンタンコンセプトは2010年に発表されました。軽量化された車体と車体部品の総数の削減や外装と内装部品の組み合わせによる生産プロセスの簡素化に焦点を絞った近未来的なスーパーカーです。 オープンカー仕様との事ですが、フロントガラスが左右に分かれており、 屋根の真ん中が開いていますね。 ガルウィングド…

続きを読むread more

モーガンに似てますね!

2002年のジュネーブモーターショーでイムシャー・インスピロ(nspiro・コンセプトカー〉が発表されました。Inspiroは Opelのチューナーとスタイリング製品を製造していたメーカーです。ここがコンセプトカーを開発したとの事。 デザインはモーガンのような古典的な姿に似ており、 車体はアルミニウムと複合材料で作られ軽…

続きを読むread more

Hyundai コンセプト!

Hyundai NEOS 2000 1998年に始まり、完成までに28ヵ月かかりました 詳細なスペックは分かりません。 エンジン・・・1,995 cc DOHC 最高出力・・・250 ps/8,200 rpm 最大トルク・・・25.5 kg・fm / 7,000 rpm トランスミッション・・…

続きを読むread more

2003・フェラーリ コンセプト!

2003年に発表されたFerrari Aurea Spyderはコンセプトカーです。市販化されなかったようですね。フェラーリは数々のコンセプトカーを製作しているようだ。 フェラーリアウレアスパイダーは、 空気力学を駆使した洗練されたスタイルです。 CG画像のようですが、コンセプトカーは数台製作されたようだ。 エ…

続きを読むread more

フランクフルトモーターショー用デモカー!

EDAG Engineering とDesign AGはフランクフルトモーターショー2005でEDAG Show Car No. 8を発表しました。コンパクトなロードスターです。 空気力学的に考慮された空気取り入れ口や傾斜したボンネット、2つのヘッドライトが垂直に配置され、ダブルマフラーが中央に取り付けられているよだ。…

続きを読むread more

たった4台しか作られなかった!

1954年に登場したAlfa Romeo Millenove Sport Spiderは、小型プロトタイプのレーサーカーでわずか4台しか製作されなかった。多くのスポーツ・レースで活躍したようだ。 戦後期に作られた最も美しいアルファの一台と評されている。 アルミニウムボディーで軽量化を計られているとこ事。 エンジ…

続きを読むread more

市販されなかった!

1996年に発表されたAlfa Romeo Issimaはスーパーカーです。コンセプトのようで販売はされなかったようだ。 アルファロメオにガルウイングドアのクルマがあったんですね。 丸みを帯びたずんぐりしたボディデザインがイイですね。 イシマの名称は女性の形容詞のようだ.。 詳細なスペックは分かりませ…

続きを読むread more

アメ車・コンセプト!

1997年にアメリカ・クライスラー社のDodge Copperhead Concept が発表されました。低価格のコンバーチブルとして開発されたようだ。 フロントエンジン、リアホイールドライブ、2人乗りのロードスターコンバーチブルです。 流石、アメ車のデカイコンバーチブルですね。 写真では大きく見えないのですが・・…

続きを読むread more

韓国・大宇のコンセプト!

1977年に発表された韓国・Daewoo joyster コンセプトです。こんなコンバーチブルを製作したようですが、市販化されなかったようだ。 ライトウエートの2座コンバーチブルスポーツカーで、可愛いくイイですね。 ブランドイメージアップの為のコンセプトカーだと思います。 この写真もCG画像でしょうか? …

続きを読むread more